買取販売を行なっているお店で農機具を購入することも可能

婦人

緑が美しい素敵なお庭に

大切なのは水やりと芝刈り

キレイに手入れされた芝生は、お庭を鮮やかに彩ってくれます。水やり・芝刈り・肥料・除草等、お手入れ方法はいくつかありますが、特に大切なのは水やりと芝刈りです。芝生がぐんぐん成長する夏場は、毎日水やりを行いましょう。ここで注意したいのが、夏場の水やりを行う時間です。暑い夏場の日中は水やりを行わないようにしましょう。与える水が高温になってしまい、芝生の根を痛めてしまう可能性があります。芝刈りについて、5月〜9月は1週間に1度行うようにしましょう。4〜5cm前後に伸びた芝生を半分ぐらいの高さまで刈り込んでやるのが理想的です。芝刈りを忘れて芝が伸びきってしまった場合は、一気に刈り込まずに少しずつ刈り込んでください。一気に刈り込むと、芝の成長点まで刈り込んでしまい、芝が枯れてしまうことがあります。

水やり、芝刈りに使う道具

水やりに使用する道具は、散水ホースが便利です。散水ホースで水やりを行う場合は、1度にたっぷりと水を撒きながらお庭を移動するようにしましょう。また、広いお庭の場合はスプリンクラーを使用すると効率よく水やりを行えます。最近は簡易的なスプリンクラーも販売されているので、楽しみながら探すのも良いでしょう。芝刈りに使用する道具は、芝刈り機が便利です。お庭の大きさによって、手動か電動かを選ぶようにしましょう。芝刈り機の入れない場所や際の部分には、芝刈りハサミや芝刈りバリカンを使用することをお勧めします。特に「際」の部分は、他の部分に比べてあっという間に伸びるので、しっかりお手入れしてください。際をしっかりお手入れすることで、全体的な見た目も大きく変わってきます。